さなさん(仮名・26歳)の場合

キャバクラで働く最も大きなメリットは、やっぱりその高収入!
短時間・短期間でドカッと稼ぐことができますので、ダブルワークや出稼ぎに選ばれることもあります。
他の仕事と掛け持ちをしているという、さなさんに話を聞いてみました。

Q.昼は何の仕事をしているんですか?

さなさん

事務職として働いています。
資料を作ったり、電話応対をしたり…。
事務職は定時上がりが多いので、ダブルワークをしやすいんですよ。

Q.なぜキャバクラの仕事を始めたんですか?

さなさん

やっぱり、短時間で稼げるからですね。
試しに京都のキャバクラに体験入店をしてみたら、ちょっとしか働いていないのにかなりの金額を貰えて…。
そういう仕事とはわかっていましたが、やっぱり実際にお金を手にすると実感してしまいますね。

 

Q.それからダブルワークを?

さなさん

いえ、すぐに決めたわけではありません。
グラッと傾きましたが、でも事務の仕事もあるしなぁ…と即決したわけではありませんでした。
ただ私には夢があって、それを叶えるためには事務の仕事だけでは何年後になるのか焦りを覚えていました。
そうこう悩み抜いた末で、キャバクラ嬢になることを決心したんです。
体験入店をした時から、半年ほど経った頃かな?

 

Q.専業になろうとはしなかったんですか?

さなさん

それも考えました。
ただやっぱり事務の仕事は安定していますし、表向きは人に職業を聞かれても事務職と答えることができます。
何年後、何十年後のことも考えて専業よりも兼業になることを選択しました。

 

Q.昼も夜も働くなんて大変そうですが…。

さなさん

大変ですね(笑)。
話すのが好きなのもあって仕事をして楽しい時もあるんですが、覚えることや職場の人間関係は倍になりますから…。
でもキャバクラの方は週3日しか働いていないんですよ。
曜日も平日ですし、土日はしっかりと休んでいます。
週3日でも、キャバクラの方が事務職よりも収入が多かったりします。
短い時間でいっぱい稼げるのは、キャバクラの大きなメリットですね。

 

Q.ダブルワークはいつまで続けるつもりですか?

さなさん

夢を叶えるための、資金が貯まるまでですね。
キャバクラで働いたおかげで、その時期はグッと早まることになりました。
キャバクラで働く日を増やしていけばさらに早まりそうですが、プライベートも大事にしたいので今くらいのペースで続けることにします。

 

  他の人の体験談を読む

未経験からキャバクラの世界に飛び込んだ現役キャバ嬢あまねさんの話
出戻りキャバ嬢のせりなさんの話
キャバ嬢になってドンドン成長中のまなみさんの話
キャバ嬢歴5年のきょうこさんの話
現在会社経営者で元キャバ嬢のりなさんの話
現役キャバ嬢ゆりなさんのお店選びに失敗した話